2008年05月26日

なぜ兼業で不動産経営者になったのか。その3

前回の続き、

不動産経営(不動産投資)にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

あくまでサラリーマン業との兼業で捉えた場合のデメリットを書きたいと思います。


・管理会社をある程度活用しないといけない

良くサラリーマン大家さんで管理会社を使わず自主管理されている方がいらっしゃいます。

この方が不動産経営の勉強にもなりますし、管理委託コストもかからないから、私にとっても理想です。

ただ、家賃が振り込まれなかった場合の督促や、給湯器がこわれた、廊下の電球が切れたといった問い合わせに対して、

私の場合は、日中に電話をもらっても対処出来ません。

なので、やはり管理会社に日々の対応をお願いすることになります。

この場合、毎月家賃の3〜7%の管理委託費が取られますし、

何かあった場合に、後から請求がまわってくるんですが、結構な額だったりします。

先日も電球交換をお願いしただけで、3千円も取られました(悲)

このように、サラリーマン兼業を行ううえでやむを得ないコストを覚悟する必要があります。


・サラリーマン業(本業)に加えて、不動産関係のあらゆる知識を吸収しなければならない

不動産経営を行う上では、ありとあらゆることが勉強の対象になります。

建物の構造、あらゆる部材(外壁・フローリング・壁紙・水まわり・照明など)の知識、不動産会社の特徴や得意分野、

融資の知識、会計・税務の知識、民法、建築基準、地域需要、家賃相場 などなど。。

挙げればいくらでも出てきますし、生活に関わるありとあらゆることが勉強の対象になると思います。

そのため、私も最初のころはいろいろな書籍やDVD、セミナー等を活用しましたし、

(ある程度の初期投資は必要だと思います。また、ひとつ不動産を所有できれば以降は経費処理も出来ますし。)

いろいろな不動産会社やサラリーマン大家の諸先輩方から沢山の話を聞き、その都度それらを吸収していきました。(こぼれ落ちるものも多数でしたが。)

ある程度軌道にのるまでは、それなりに大変だと思います。



・確定申告が面倒

2月から3月にかけて、私の場合、仕事のピークを迎えますが、この間に確定申告を行う必要があります。

これが結構面倒です。特に初回はかなりてこずりました。



・・・こんなところでしょうか。

意外と思いつきませんでした。。(今後思いついたら追記します。)

不動産経営(投資)全般で考えれば、天災のリスクがつきまとうことや、多額のローンを抱える場合があるなど、いろいろ思いつくんですが、

この辺りはまた別の機会に纏めてみたいと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いずれ大きな投資をしますので、それまでにある程度の自己投資は必要だと思います。。 (それなりの出費ですが。)

ただ1棟でも所有できれば、こうしたDVDや書籍等の購入費用は、ほとんど経費扱い出来ます!

私が不動産経営初心者に参考になると思ったセミナーDVDです。

「家賃収入2000万円を目指そう!初めてでもわかる不動産投資セミナーDVD」

講師の広瀬さんは、なんと私の友人です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98092746

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。