2008年05月22日

なぜ兼業で不動産経営者になったのか。その1

良く「サラリーマンは一番気楽で安定しているからいいよな」言われます。

はたしてそうでしょうか?

確かに「気楽」という部分は否定しません。

自分が遊んでいても、会社がつぶれることとはほとんど関係がありません。

(重大な不正に手を染めた場合などは別だと思いますが。。)

言ってしまえば、こればかりは「運」ではないかと思います。

ですから基本的には、植木等の「気楽な家業」説はある程度正しいと思います。

しかし本当に「安定している」のでしょうか?

確かに健康でモチベーションも維持できている場合はそうだと思いますが、

サラリーマンの場合「体が資本」となっています。

つまり、自分が病気や事故で働けなくなった途端に、いずれ収入はストップします。

ある意味、自分の身を削ってお金を得ていると言っても過言ではないと思います。

こう考えると、サラリーマンで得る収入以外にも、自分のかわりに働き手となってくれる「何か」を持つことが重要だと思います。

では「何か」とは何が良いのでしょうか?

すぐに思いつくのは何かに投資することだと思います。

うまく行けば何倍、何十倍、何百倍にもなって帰ってきます。

株式投資、FX、フランチャイズ投資、競馬投資(馬主) などなど・・・

しかしながら、当然それなりのリスクもあり、最悪の場合、投資した財を失ってしまうこともあります。

こういう考えの過程で、私は不動産投資、いや不動産経営にたどりつきました。

なぜか?

長くなってきたので一度切りたいと思います。。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いずれ大きな投資をしますので、それまでにある程度の自己投資は必要だと思います。。 (それなりの出費ですが。)

ただ1棟でも所有できれば、こうしたDVDや書籍等の購入費用は、ほとんど経費扱い出来ます!

私が不動産経営初心者に参考になると思ったセミナーDVDです。

「家賃収入2000万円を目指そう!初めてでもわかる不動産投資セミナーDVD」

講師の広瀬さんは、なんと私の友人です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。